日生から赤穂へ

お昼ご飯をお腹いっぱい食べた後は、少しだけ腹ごなしのお散歩です。細い小路に入ってみると、坂道やら階段やらがあちこちに延びていました。主人いわく、日本のアマルフィみたいだと。まぁ、似ていなくもないですけれどね。(^^;)家も結構建て込んでいて、どうやって建材を運んで家を建てたのかと思うほど。立て替えたりするのは大変でしょうねぇ。

お役所の前でこんなかわいいものを見つけました。
e0154324_13132212.jpg
子供が魚釣りをしていますね。少し前に行った大阪ミナミのアメリカ村にもライトのオブジェがあったし、最近こういうのがはやっているのかしら。

港のほうに行って見ました。
e0154324_13123999.jpg
ここから近隣にあるいくつかの島にフェリー(写真中央に見えます)や乗合船が出ているようです。お休みなので、漁船も港に停泊中。

日が翳って、少し寒くなってきました。そろそろ車に戻って赤穂に移動しましょう。
町に入ると、急に道路が広くなりました。こちらも町並みを整えて観光に力を入れ始めているようです。こういう町作り、増えてきましたね。でも、どこにいっても同じ感じで、つまらない…。

車を止めて、赤穂観光開始です。まずは赤穂城跡に行ってみました。
e0154324_13195317.jpg
外から見ると立派なんですが、中に入ると、あれれ、これだけ?というぐらい、小さい。すぐに外に出てしまいました。でも、すぐそばには大石内蔵助の居宅跡に建てられた大石神社や、居宅を取り囲んでいた長屋門などが残っていて、見所はいろいろありましたよ。

江戸時代に作られたという長屋門です。
e0154324_13463489.jpg
大石神社の参道。
e0154324_134839.jpg

反対側の参道から神社の入り口まで、赤穂浪士の石像がならんでいました。入り口に一番近いところにあるのはもちろん内蔵助の像です。
e0154324_13532311.jpg
あっという間に観光終了。あちこち動き回らなくてもいいのが良いですねぇ。

赤穂といえば赤穂浪士のほかに塩も有名ですが、この近くでも売られていました。海の近くには塩作りをみられる場所があったらしいけど、公園のようになっているところなので駐車料金がかかります。なので、ここはパス。一日500円だけど、10分ぐらいしかいないのでもったいない!
今日の予定していたところは全部廻ったようなので、家に帰りましょう。運転よろしくね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by emptynest | 2009-12-24 08:57 | お出かけ  

<< 贅沢な晩ご飯 日生へ >>